仕事・転職

転職先を探すならリクナビNEXTが一番いい理由

今回は、僕が実際に使っていた転職サイト「リクナビNEXT」を紹介していきたいと思います。

大手企業からのオファーが来ることがあるので、転職を考えているのなら登録しておいて損はないと思います。

リクナビNEXTって?

リクナビNEXTは人材採用系事業国内最大手であるリクルートキャリアが運営する、転職サイトです。

転職を考えてまずこのリクナビNEXTに会員登録する人は多いのではないでしょうか?

豊富な求人社数

まず何と言っても豊富な求人があるため転職の選択肢の幅の広さがとてつもなく広いです。

毎週、水曜と金曜に数千件に及ぶ求人が更新されていてその中には日清食品やオムロンなど、東証一部上場しているような大企業の求人も多数あります。

また、更新される求人の職種に偏りがないので大手企業や中小企業の営業職から自動車や精密機器の製造職まで、毎週あらゆる職種の求人が更新されるので必ず自分に合った転職先が見つかると思います。

スカウト機能が優秀

スカウト機能は転職サイトを選ぶ際に重要な要素の一つですよね。

あらかじめ自分の経歴や能力を入力しておくと、企業や他の転職エージェントからオファーのメールが来るスカウト機能は効率よく転職ために無くてはならないものです。

リクナビNEXTの場合は、匿名のレジュメを登録するとプライベートオファー、興味通知オファー、オープンオファーの3種類のオファーが届きます。

プライベートオファーとは、企業や転職エージェントから面談の確約のオファーになります。面談確約なので採用試験を受ける場合、書類審査は免除になります。

企業やエージェントが今すぐ面談してみたいと思った場合のオファーですので、このオファーが届いた場合はほとんど内定が確実だと思います。

興味通知オファーとは、その名の通り企業や転職エージェントが、興味を持った場合のオファーですので残念ながら採用試験を受ける場合は、書類審査からになります。

最後のオープンオファーは、企業の出す条件に合った人に説明会や求人情報などの情報を発信するためのものです。

この3種類のオファーのおかげで企業や転職エージェントがどれだけあなたという人材を欲しがっているかが分かるので転職のチャンスが広がりますよね。

ちなみにスカウト登録者数は2017年11月現在で300万人で企業からのオファーは600万通という数字を見ればどれだけオファーが来るかがわかってもらえると思います。

自分と同じような転職先を求めている人と情報交換出来る

リクナビNEXTでは、転職仲間という機能で自分と同じような転職先を求めている人同士で互いに閲覧や応募した求人を知ることができます。正直、1人では閲覧や応募できる求人は限られてますよね。なので、同じような転職先を求めている人と情報交換出来るのはとても心強いですよね。やり方は簡単でリクナビNEXTから紹介された人を転職仲間に追加するだけです。簡単に似たような人と情報交換できるのは非常に便利な機能だと思います。

まとめ

社会的にも転職もそれほどハードルの高いものではなくなって来ています。

現在の職場では満足出来ない人は、リクナビNEXTを使って転職するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です