デッドバイデイライト

【デッドバイデイライト】初心者必見!殺人鬼が嫌がる生存者パークまとめ

今回はデッドバイデイライトを始めたプレイヤーがなるべく早く取りたいパークをまとめて紹介していきたいと思います。

必須レベルのパークや使うと大幅に有利に立ち回れるパークが沢山あるので参考にしてみてください。

生存者のおススメパーク(固有パーク編)

セルフケア おススメ度★★★★★

生存者側で真っ先に思いつくおススメパークはやはりセルフケアです。

初心者講座でも紹介しましたしね。(名前は伏せてたけど)

おススメというかもはや必須パークで持ってないと「え?お前セルフケア持ってないの?」ってなります。

そんくらい使えるパークです。

効果はその名の通り自分自身で回復できるようになる(回復速度は救急キットの半分)というものです。

それだけかよ!って思った方…

いやいや…それがめちゃくちゃ使えるんです。

初心者講座でも書いたようにこのゲーム殺人鬼に攻撃された後、移動するスピードは下がりさらには血痕を残すようになり非常に見つかりやすく不利になります。

回復する為にはこのパークか救急キットを使うか味方に治してもらうしかないんです。

しかし救急キットはブラッドウェブやフィールド上からランダムでしか手に入らず、味方に治してもらうのも味方がスキルチェックをミスした場合殺人鬼に居場所を知られて味方共々殺人鬼に襲われるリスクがあります。

そう考えると単独でアイテムに頼らずに回復できるセルフケアがいかにこのゲームで重要かわかってもらえると思います。

ただしこのパークは、クローデット・モレルの固有パークのため他の生存者で使う場合クローデット・モレルのレベルを40まで上げる必要があります。

ですので、低ランク帯では生存者側が全員クローデット・モレルなんてこともしばしばあったりします(笑

全力疾走 おススメ度★★★★☆

次に紹介したいパークは殺人鬼から逃走する時に絶大な効果を発揮するパークです。

その名も全力疾走

名前から速そうなこのパークは、走り始めたら3秒間の間だけ走る速さが1.5倍になるというもの。

一時的ではありますが殺人鬼よりも速く移動できるので、逃走時に非常に有効なパークである反面、走り始めたら強制的に発動するので追いかけられる以外走れない事と、かなり長めのクールタイム(最短40秒)というデメリットがある点には注意したいところです。

ちなみに殺人鬼でプレイしているときはこのパークが一番苦手です(汗

このパークでかなりの距離を離されたら、もう一度追跡するのはなかなか難しいですし特にクローデット・モレルにこのパークを使われたら画面の暗さと相まって再追跡は不可能なレベルです(笑

このパークはメグ・トーマスの固有パークで30レベルまで上げないと他のキャラでは使えないことも注意したいです。

都会の逃走術 おススメ度★★★★☆

3つめはネア・カールソンの固有パークで、しゃがみ時の移動速度を最大で通常時の移動速度と同じくらいまで上げることが出来るパークです。

しゃがみ時の移動は殺人鬼側からは見えずらく、痕跡も残さないので殺人鬼にばれないように発電機をつけて回る事が出来たりこちらが殺人鬼を発見した際、ばれずに素早く逃げることもできるのでおススメです。

全力疾走と違い、特にデメリットがないパークで常に発動しているのでとても使いやすく殺人鬼側からするととても厄介なパークです。

このパークをつけてしゃがみながらコソコソ発電機直しまくっているだけで殺人鬼を焦らせて判断力を鈍らせるなんて盤外戦術も簡単にできたりします。(体験済み)

さっさと発電機直して脱出したいという人に特におススメしたいパークですね。

決死の一撃 おススメ度★★★★☆

有料DLC「ハロウィンチャプター」購入で追加される生存者ローリー・ストロードの固有パークで1ゲームに一度だけスキルチェックに成功すれば殺人鬼に担がれても逃げ出せるというもの。

しかも脱出する際、殺人鬼をスタンさせるおまけ付き。(最長4秒)

殺人鬼側からするとせっかく瀕死にしてこれからフックに吊るそうとしてるのに逃げられるのだからこれ以上に面倒なことはないです。

本当に面倒です。

殺人鬼側の唯一の救いはこのパークを使うとオブセッションが付与されるので警戒しやすいという事くらいですね。

オブセッションとは…

「ハロウィンチャプター」で追加されたマイケルとローリーの固有パークでのみ付与される特殊な状態。

マイケルは生存者の内一人に、ローリーは自身に付与することでそれぞれに有利な効果が発動する。

後はもうスキルチェックをミスするように祈るしかないです。(真顔

そのくらい強力なパークなので高ランクめざしたいって人はDLCを買って手に入れてみてください。

絆 おススメ度★★★☆☆

殺人鬼に直接影響を与えるパークではありませんが他のプレイヤーと協力したいならまずこのパークを使ってみるのをおススメします。

「絆」の効果は自分の周囲(最高36m)の他プレイヤーのオーラを可視化できるというもの。

そして他生存者の位置を把握して合流できるパークは殺人鬼側からすると非常に好ましくないです。

なぜかというと他生存者の位置を把握できるということは効率よく発電機を直したり、すぐに負傷状態の味方を治療できるということです。

つまりこのパークは間接的ですが生存者側の脱出率を上げることができるパークなんです。

最悪、誰一人フックに吊れずに全員脱出されたりすることもあり得るなんて言えばこのパークがいかに強いかわかってもらえるんじゃないでしょうか。

 

生存者のおススメパーク(共通パーク編)

凍りつく背筋 おススメ度★★★★☆

自身を中心した範囲(最長36m)に殺人鬼がいる状態で、かつこちらをまっすぐ見ていると右下の装備パークアイコンが光って教えてくれて発動中は修理と回復、破壊工作(フック破壊やトラップ解除)の速度が最大6パーセント上がるというもの。

ただしスキルチェック頻度が10%上昇し、スキルチェックの成功範囲が10%減少するというデメリットも同時に発動するのでスキルチェックにある程度慣れておく必要があります。

殺人鬼がこちらに来るのが一目で分かるようになるので、生存率を上げられる反面発電機を直しにくくなりますが慣れてしまえばそれ程苦にならないので初心者にとてもおススメのパークです。

血族 おススメ度★★★★☆

自身がフックに吊られると距離に関係なくお互いの位置が把握できるようになるパークで、レベル3まで上げると生存者だけでなく8m圏内の殺人鬼も見えるようになる優れものです。

似たような効果をドワイトの固有パーク「絆」がありますが、あちらとはパークの発動条件や他生存者の位置を把握できる距離に違いがあります。

自分のプレイスタイルに合った方を付けるのはもちろん、両方つけて常に他生存者と協力できるようにするのも面白いかもしれませんね。

身軽 おススメ度★★★★☆

とてもシンプルな効果を持ったパークで、走った際に残る赤い傷跡の痕跡が消えやすくなるというものです。(最大で3秒早くなる)

とてもシンプルな効果ですが高速移動時のリスクを減らしたり、殺人鬼がこちらを追跡しにくくなったりとシンプルながらとても汎用性の高いパークです。

ただしレイスの固有パーク「捕食者」があると効果が薄れる可能性があるので相手がレイスの場合はあまりパークの効果を過信しない方がいいかもしれません。

まとめ

殺人鬼側からの目線を入れながらおススメパークの紹介をしてきましたがこれ以外にもまだまだたくさんパークはあります。

そしてそれらのパークを組み合わせることでさらにゲームを有利に進めることができる状況を作ることができるのでぜひ自分だけのパーク組み合わせや装備を考えてみるのも楽しいと思いますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です