仕事・転職

都会と田舎どっちが働きやすいか考えてみた

都会と田舎どちらが働きやすいか通勤と職種の面から考えてみたので記事にしていきたいと思います。

通勤は都会と田舎どちらが良いか

都会の場合

通勤の面では都会と田舎どちらが良いのでしょうか。

都会では公共交通機関がかなり発達しているので、大半の人は電車やバスでの通勤だと思います。

公共交通機関を使うメリットは自分が運転しているわけでは無いので目的地までの時間を勉強やゲームなど自分がしたい事に当てられる事です。

また乗車料金が発生しますがそれでも月のガソリン代より安く済む事が多いのもメリットにあげられると思います。

その反面、遅延してしまうと遅刻がほぼ確定してしまう事、通勤ラッシュの際車内が人で溢れてしまい身動きが全く取れない事またそれに便乗した痴漢や痴漢えん罪に巻き込まれる可能性がある事などデメリットもそれなりにあげられます。

田舎の場合

一方で田舎の場合、公共交通機関が未発達な地域が多く車社会である場合がほとんどです。

自動車通勤をするメリットとしては、電車ではギュウギュウ詰めで圧迫感を感じながら痴漢やえん罪を警戒しながら通勤しなければいけないのに対し自動車では自分一人だけなのでその心配がない事や遅れ気味でもルートの変更やスピードを出せば通勤時間に間に合わせることも可能な点です。

しかし一度事故を起こしてしまえば自分も相手も怪我、最悪の場合死ぬ事すらあり得ます。

さらに車や物の修理代も出さなければならないのでかなりの責任を持って運転しなければいけません。

車を維持する為にかなりの費用がかかるのもデメリットの1つで特にガソリン代は徐々に高騰していっているので出来るだけ節約していきたいところです。

結局どっちが良いか

簡単に要約すると都会は、

・通勤時間で他の事ができる

・乗車料金は気にならない値段

・通勤ラッシュ時は圧迫されながら通勤しなければならない

・痴漢、えん罪が怖い

一方で田舎は、

・通勤ラッシュ時の圧迫感や痴漢、えん罪に怯えなくて済む

・遅刻しそうでもルート変更やスピードの上昇で間に合うかも

・事故を起こすと大怪我や死亡する可能性がある

・そもそも車の維持費が高い

となりました。

やはり自動車の費用がかなりかかったり事故のリスクを考えると電車やバスの公共交通機関の方に軍配が上がります。

自分のやりたい仕事に付けるのは都会か田舎か?

都会の場合

自分のやりたい仕事を見つけられるのは都会でしょうか田舎でしょうか。

都会の場合、幅広い職種の中から自分のやりたい仕事を選べるというメリットがあります。

収入も田舎に比べて高いというのもメリットにあげられると思います。

田舎の場合

田舎の場合、職種が少ないので自分がやりたい仕事を見つけやすいというメリットがあります。

しかし都会と比べると収入が少ないのでそれなりに覚悟が必要です。

結局どっちがいいか?

やはりこれも選択肢が多く収入も多い都会に軍配が上がります。

田舎は選択肢が少なく収入が少ないので本当にやりたい仕事を見つけられる可能性は低いように感じます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です