ためになる話

電話番号の前に「+81」ってなんで付けるの?→調べてみた

たまにグーグルやその他のアプリで電話番号を入力する際に電話番号の前に「+81」と言う謎の番号を見た覚えはありませんか?

これがある場合に正しく電話番号を入力しても確認の電話がかかってこない事ありますよね?

そもそも「+81」なんてなくても電話番号なんて個人で決まっているのだからそのまま入力していけばいいと思いません?

少なくとも僕はそう思いました。

なので、これが何の意味があるのかすっごい気になったので調べてみることにしました。

「+81 」は国際通話に必要な番号だった

というわけで、早速調べて見たんですが「+81」とは「国番号」とよばれるものみたいです。

国番号とは、海外に電話をかける際どこの国にかけるかを識別するために国ごとに割り振られている番号の事です。

世界中の国の国番号が確認できるサイトのリンクを貼っておくので興味がある方は見てください。

ちなみにアメリカの場合は1ですしロシアなら7となっていて日本には81という数字が割り当てられているそうです。

思えばこの81という数字の後に電話番号を入力する場合、必ず日本以外の別の国から電話がかかって来ていたような気もしなくもないです。

「+81 」はどうやって使うのか

「+81 」は国際通話に使うのに必要なのは分かりましたが大事なのはどうやって使うかですよね?

と言うわけで使い方も調べてみました。

調べてみると意外に使い方は簡単で、自分の携帯の番号の最初の「0」を「+81」に変えるだけでOKなんです。

例えば日本国内では

090-1234-5678

と言う番号の場合

+81 90-1234-5678

とするだけで国際通話する事が出来るんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です