Hulu・Netflix

映画「アイアンマン2」を紹介していく!

どうももめんです。

今回は映画「アイアンマン2」のレビュー記事を書いていきたいと思います。

前作「アイアンマン」と同じ様にマーベルヒーローが好きな人はもちろん、今作もメカ好きには堪らない演出が沢山あるのでロボットや兵器といったメカ好きな人にもお勧めできちゃう作品です。

あらすじ

今回もネタバレ防止のためザックリとあらすじ紹介していきたいと思います。

前作で周りの反対を押し切って自らがアイアンマンだと公表したトニー。

正義の味方としての名声を得て自らの念願の夢だった巨大イベントを開始したりと順風満帆な人生を送ってるように見えるが、トニーの延命に不可欠な胸のアークリアクターが逆にトニーの寿命を縮めていることがわかる。

そしてトニーの目の前にトニーしか作れないはずのアークリアクターを使ったパワードスーツを身に着けた男が現れる…(ザックリ)

今作もパワードスーツの製造シーンがしっかりとしていてメカ好きな自分としてはとてもワクワクしながら見た印象が残っています。

SF映画らしく現代的な工程だけではなく、完璧なサポートAIや指定した図面に書かれているものを自動作製したり、終いには膨大な発電量を誇る小型の半永久発電機関とメカ好きの心をしっかりと掴んで離さないような設定もとても印象的でした。

キャスト

キャストは前作「アイアンマン」に引き続き、主演のロバート・ダウニーJrを始めとしてヒロイン役には「セブン」や「恋におちたシェイクスピア」で有名なグウィネス・パルトロー、敵役には「エクスペンタブルズ」で有名な元プロボクサーのミッキー・ローク

その他にも前作に引き続き、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)要素としてサミュエル・L・ジャクソンスカーレット・ヨハンソンとそれなりに映画を見ている人なら見覚えがある俳優・女優がちらほらといる印象。

日本語吹き替えは前作に引き続き、ロバート・ダウニーJrを「クレヨンしんちゃん」で野原ひろし役をしている藤原啓治でグウィネス・パルトローはミラ・ジョボヴィッチの吹き替えで有名な岡寛恵。

ミッキー・ロークの吹き替えはアニメ「幽☆遊☆白書」では雷禅、「BLEACH」では斬月、「ナルト-NARUTO」では初代火影である千住柱間を演じている菅生隆之と日本人なら一度は声を聴いたことがあるような豪華声優陣が担当しています。

アイアンマンの見どころは?

さてここからは個人的に思う「アイアンマン2」の見どころを二つ紹介していきたいと思います。

前作に引き続きメカのデティールとその製作シーンがしっかりと描かれている。

個人的に思う「アイアンマン2」の見どころはやはりしっかりとメカ自身とその製作シーンが描かれているという事でしょうか。

今回は敵のメカの製作シーンが冒頭にあるのですが、やはりしっかりと製作シーンが描かれていて序盤からワクワクした気持ちで見ることが出来ました。

アイアンマン/トニー・スタークが「マーベル・シネマティック・ユニバース」に関わり始める重要な作品

2つ目の見どころは本作品は2018年現在まで続く「マーベル・シネマティック・ユニバース」にアイアンマン/トニー・スタークが深く関わり始める大事な作品ということです。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」とはマーベルコミックに登場する様々なヒーローのクロスオーバー作品の総称です。

本作品はクロスオーバー要素はほんの少ししかありませんがそれでもアイアンマンが他の「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品に関わり始める重要なシーンが描かれています。

ぜひどのシーンがそれなのか探してみてくださいね!

まとめ

いかがでしょうか?

何度も言うようですが「アイアンマン2」はマーベル好きだけじゃなくメカ好きにもすごくおススメできる作品なのでぜひ一度見てみてくださいね。

…見てみてくださいとは簡単に書きましたが、映画の公開はとっくに終わっていますしわざわざDVDを借りに行くのも面倒ですよね。

そういう方は以下のリンクからHuluで2週間無料で映画やドラマが見放題なのでぜひ試してみてください。(作品が配信終了している場合がありますので事前に公式サイトでの確認を推奨します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です