ガンダムバトルオペレーション2

【バトオペ2】緊急回避を狩れる?ガーベラテトラを紹介していく!

どうも、もめんです。

今回はバトオペ1周年記念で実装された機体の1つ「ガーベラ・テトラ」を紹介していきたいと思います。

ガーベラ・テトラはバトオペ2の1周年で実装され始めたGPシリーズの第4弾で、先に実装された同じクラスのガンダム試作2号機と比べるとは細身で攻撃が当たりにくく、スキルに緊急回避があるなどある程度の差別化はされている機体だと思います

ガーベラ・テトラの性能は?

まずはガーベラ・テトラの性能から紹介していきたいと思います。

ガーベラ・テトラは550コストの強襲機になります。

スペックはHPが同コスト汎用機と比べると低めに設定されてはいますが、それでも全体的に高水準なものになっています。

特にスラスターの数値が素晴らしく後述するスキルと相まって快適に操作できる機体だと思います。

ガーベラ・テトラの武装は?

ここからはガーベラ・テトラの武装を紹介していきたいと思います。

まず主兵装は「Gテトラ用ビームマシンガン」のみでチャージ可能で未チャージ時の威力はそこそこですが、フルチャージ時の威力は問題ないレベルだと思います。

未チャージ時は5点バーストで合計10発ヒットでよろけさせることが出来ます。

またチャージ速度が非常に速く、アレックスと同じ3秒でチャージが完了します。

未チャージ時の5点バーストはミリ削りには有用ですが、威力は高くなくよろけも取りづらいので基本的には素早いチャージ速度を生かして積極的にチャージショットを撃ってよろけを取って格闘を当てていくのが基本戦術だと思います。

近接武器はGテトラ用ビームサーベル」を装備しています。

ガーベラテトラの格闘判定は「強」で威力が高く、独特な下格闘モーションが特徴的です。

下格闘は攻撃判定が長く、緊急回避で得られる無敵時間よりも長いので緊急回避狩りができる強みがあります。

逆に攻撃判定が長い分、カウンターを取られやすいという明確な弱点があるので迂闊に下格闘を振るのは禁物だと思いますね。

副武装として「腕部110mm機関砲」を装備しています。

威力はそこそこですが、よろけ値が高く10発ヒットで相手をよろけさせることができます。

射程が短く、ブースト撃ちも出来ませんのがビームマシンガンが使えない時のよろけ作りやミリ削りが主な使用方法だと思います。

ガーベラ・テトラのスキルは?

ガーベラ・テトラのスキルは以下の通りです。

  • 強制噴射装置Lv2
  • 高性能AMBACLv1
  • 緊急回避制御Lv1
  • 高性能バランサーLv1
  • 高性能レーダーLv1
  • 格闘連撃制御Lv1
  • マニューバアーマーLv2
  • 耐爆機構Lv1
  • 高性能スコープLv1

試作3号機ステイメンのスキル構成の特徴は白兵戦に向いているスキルが多いという事です。

強制噴射装置Lv2や強襲機では珍しい緊急回避Lv1といったスキルのおかげで格闘攻撃をしやすく、生存率が高くなっています。

また宇宙でも宇宙適正と高性能AMBACのおかげで宇宙でも快適に操作できる機体になっていると思います。

まとめ

ガーベラ・テトラはステータスは高水準ではありますが、各武装のクセが強く誰でも手軽に戦果を挙げられる様な機体では無い様に思えます。

宇宙では適正があり、豊富なスラスターと強制噴射装置で機動性は問題無いのですが、地上よりもよろけが取り辛く乗り慣れてないと苦戦する機体という印象です。

地上でも豊富なスラスターと強制噴射装置や緊急回避など、優秀なスキルと性能は問題無いのですが、やはり各武装が足を引っ張っていてレーティングには出しづらい機体だと思います。

しかしコンボ火力が高く、フルチャージ→下格闘→下格闘のワンコンボでコスト500のガンキャノンを瀕死に出来るほどですのでぜひガチャやリサチケ、DPで手に入れた場合は使ってみてくださいね!

バトオペをもっと楽しみたい方へ…

フレンドと一緒に出撃したり… 自分だけのパーソナルカラーをペイントで作り上げたり… 独自のルールでカスマを開いたり… 原作再現をしたり… バトオペにはただ一人で遊ぶ以外にもたくさんの楽しみ方があります。

そしてこれらの楽しみ方は、原作を知っていると何倍にも倍増します!

U-NEXTなら31日間無料でガンダム作品が見放題なのでおススメです。

U-NEXT
31日間ガンダム作品が見放題!
最新の作品やコミックの購入に使えるポイントを600円分プレゼント!
70誌以上の雑誌も読み放題!

登録はこちら

あなたも無料で原作を観て、今よりもっとバトオペを楽しみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です