仕事・転職

週休三日制を本気で提案したい

いつも思うんですけど週休二日って短いと思うんです。

だって一週間が七日あって、その内休みが二日しか無いんですよ。

七日もあるのに五日間仕事して、たった二日休んでまた仕事

もう少し、せめて後1日だけ休みがあってもいいと思いません?

休みが増えると給料が…

休みが増えると真っ先に心配なのが給料が減る事だと思います。

しかし、時給制の場合だったらほんの少しだけ1日の労働時間を伸ばすだけで週休二日の時と同じ額の給料が貰えますし、歩合制の場合でもあえて休みを多く取ることによって生産性が上がるかもしれません。

他部署や取引先が出勤日で連絡が…

自分が週休三日制でも他の部署や取引先までそうとは限りません。

もしかしたら休み中に他部署や取引先から何かしらの連絡が入るかもしれません。

他部署や取引先とのコミュニケーションを取り難くなるのも週休三日制における壁の一つだと思います。

しかし、あらかじめ他部署や取引先に連絡したり休日中でもコミュニケーションを取れる方法を用意しておくなどで対策は大いに可能だと思います。

週休三日制を本気で提案していく

ここまで、週休三日制のデメリットをつらつらと並べてきましたが、ここからは週休三日制のメリットを紹介していきます。

自分の時間をしっかり確保できる

週休三日制にすると休みが三日になるので今まで以上に自分の時間を過ごすことができるようになります。

自分の時間が増えるとストレスの発散がしやすくなり仕事へより集中できるし資格の取得や副業で自らのキャリアアップに充てる事がではないでしょうか?

介護や育児により集中しやすくなる

現在、日本は急激な高齢化により介護に時間をかける事が多くなってきています。

なので、週休三日制にすると介護に時間がさけるので仕事を休職する必要もなくなるので自分のしたい仕事をしながら介護することができます。

大企業でも週休三日制が徐々に導入されている

大企業の中にはすでに週休三日制を導入している企業があるので紹介していきます。

・佐川急便
一部地域でセールスドライバーを対象に週休三日制を採用しています。

・日本IBM
全社員を対象に「短時間勤務制度」という形で週休三日制を採用しています。

・ヤフー
ヤフーも週休三日制を導入していますが所定労働時間は変わらずまた休暇中は無給となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか

少しでも週休三日制について考えが変わってもらえたのなら幸いです。

日本は本当に長時間労働をしすぎだと思います。

会社の為に働いているのでは無く自分の為に働いているのだということをもう一度思い出してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です