お金

クレジットカードのCVCについて紹介していく

ネットで買い物をするとき「CVC」の入力をする場面が必ずあると思いますが、そもそも「CVC」っていったい何なのか疑問に思ったとこはありませんか?

今回はそんな「CVC」について解説していきたいと思います。

CVCって何?

早速ですがCVCとは「Card Verification Code」(カード確認用コード)の略で文字通りクレジットカードの不正利用を防ぐ事を目的としたセキュリティコードです。

これはカードによって名前が違う場合もありますが(VISAではCVV)名前だけ違うだけで不正利用を防ぐためのセキュリティコードというのは同じなので問題ありません。

ちなみにアメリカンエキスプレスではCIDですが、これもCVCやCVVと同じようにクレジットカードの不正利用を防ぐためのセキュリティコードなのでやっぱり全然問題ありません。

CVCには2種類ある

実はCVCは2種類あるんです。

一つは店頭でクレジットカードで決済をするとき、カードの磁気ストライプの情報をカードリーダーで読み込むことをCVC1(VISAではCVV1)といいます。

そしてネット通販などで決済方法をクレジットカードにする場合、クレジットカードの裏にある署名覧にあるコードの右端3桁を入力してクレジットカードの情報を確認するのがCVC2といいます。(アメリカンエキスプレスカードでは表面に載っている4桁の数字を入力)

一般的にはCVCというとCVC2の事を指します。

CVC1とCVC2では読み取る情報が違うため、もしカードの磁気ストライプが読み取られた場合でもCVC2の情報は本人しか知りえないのでカードの不正利用を防ぐことが出来ます。

CVCについてのまとめ

今回はCVCについて紹介してみました。

CVCはクレジットカードをつかって決済する時に必要な物なので、暗証番号と間違えないようにしたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です