Hulu・Netflix

コバートアフェアがおもしろいので紹介していく

どうももめんです。

今回は海外ドラマ「コバートアフェア」の視聴レビューをしていきたいと思います。

コバートアフェアのあらすじは?

まずはコバートアフェアの簡単なあらすじを紹介していきたいと思います。

語学が堪能で6ヶ国語が話せる平凡な女性、アン・キャサリン・ウォーカー(通称アニー・ウォーカー)はその才能をCIAに見出され仕事のオファーを受ける。

オファーを受けることにしたアニーはCIAの訓練施設で様々な訓練を受けていたが何故か訓練の途中で「修了」扱いで突然任務に駆り出されてしまう。

新米諜報員としてアニーは様々なスリリングな経験をしていく…

劇中ではスリリングな展開だけでは無く、各地で様々な出会いを経験し時にはその出会いから熱い恋愛展開なんてのもあって個人的には日本のドラマに近い感じかなと思います。

ただアニーの性格が物語後半になると人によっては嫌いなきつい性格になるのでそういう性格が苦手な方は注意した方がいいかもしれません。

コバートアフェアのキャストと吹き替え声優は?

次にコバートアフェアのメインキャストと吹き替え声優を紹介していきたいと思います。

まず主人公のアニーをパイパー・ペラーボが演じています。

アニーの同僚で任務のサポートをしているオーガスト・アンダーソンをクリストファー・ゴーラムが演じ、アニーの直属の上司のジョーン・キャンベルをカリ・マチェット。

そしてアニーが所属している部署の部長であるアーサー・キャンベルをピーター・ギャラガーが演じています。

日本語吹き替えはアニーの吹き替えを「シャーロック」や「ホワイトカラー」などで吹き替えを担当している樋口あかり。

アンダーソンの吹き替えは様々な海外ドラマで吹き替えを担当している中嶋翔平。

ジョーン・キャンベルの吹き替えはアニメFateシリーズでリディア役やうたわれるものでカルラ役だった田中敦子。

そしてアーサー・キャンベルの吹き替えは007シリーズで有名なダニエル・クエイグの吹き替えもしている藤真宗とベテラン声優陣が吹き替えをしています。

コバートアフェアの見どころは?

次に「コバートアフェア」の個人的な見どころを紹介していきたいと思います。

見ているだけで世界各地に旅行した気分になる

コバートアフェアの見どころの一つは主人公のアニーがCIAの諜報員なので色んな国で撮影をしているということです。

さらにアニーは語学が堪能という設定なのでアメリカはもちろんアジアやヨーロッパなど色んな国の言葉も勉強出来たりします。

色んな国の言葉を知りたい方にはおススメですね。

まとめ

いかがでしょうか?

「コバートアフェア」は世界各地でアニーが諜報員として活躍していく物語です。

色んな外国語を聴くことができるので勉強になるし、アクションや恋愛いろんな要素があって多くの人におススメできる作品です。

「コバートアフェア」はHuluで視聴が可能です!

以下のボタンから2週間無料体験に参加可能なのでぜひ試してみてください。(作品が配信終了している場合がありますので事前に公式サイトでの確認を推奨します。)

【Hulu】今すぐ会員登録はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です