娯楽

アーマードコアの再来?デモンエクスマキナを紹介していく!

どうももめんです。

今回は2019年9月13日に発売されたニンテンドースイッチ専用のロボアクションゲーム「デモンエクスマキナ」を紹介していきたいと思います。

僕が良く記事を書いているロボゲー「ガンダムバトルオペレーション2」やロボゲーでは有名な「アーマードコア」シリーズと比べるとリアリティさでは劣りますが、その分スタイリッシュなアクションと豊富なカスタマイズ要素、それに販売ハードがニンテンドースイッチなのでどこでもロボゲーを楽しむことが出来るという強みがあります。

とにかく「誰でも自分だけの機体でスタイリッシュにロボアクションを楽しめる」のでロボゲーファンはともかく、それ以外の方にもぜひプレイしてほしいソフトになっています。

スタイリッシュなロボアクション

先ほども触れましたが、「デモンエクスマキナ」の特徴の一つに「誰でもスタイリッシュにロボアクションを楽しめる」というものがあります。

タイトルにも書いていますがこの「デモンエクスマキナ」というゲームは非常に「アーマードコア」シリーズに雰囲気が似ているのですが、「アーマードコア」シリーズは複雑な操作を要求されることが多く「AC持ち」という独特のコントローラの持ち方まで開発される程でした。

その点「デモンエクスマキナ」は比較的シンプルに操作できるので、あまりゲームが得意ではない僕でもすぐにカッコイイアクションが出来てかなり楽しくゲームをプレイすることが出来ました。

ちなみにデフォルトのボタン配置でも十分それらしいプレイはできますが、ボタン配置をある程度変更するとさらにカッコよくてスタイリッシュなアクションが出来るのでおススメです。

豊富なカスタマイズ要素

「デモンエクスマキナ」のもう一つの特徴は豊富なカスタマイズ要素だと思います。

ヘッド、ボディ、アーム、レッグ、プロセッサー、武器と豊富なパーツの中から自分だけの機体を作ることが出来ます。

とはいえ「アーマードコア」シリーズや同時期の発売された「マスビルダー」と比べるとカスタマイズできる要素やパーツは少ないのですが、それでもロボゲー初心者はカスタマイズしやすくロボゲー経験者もしっかり遊べるような丁度いい調整がされているのではないでしょうか。

ちなみにカスタマイズ要素は機体だけではなく、自身のキャラクリエイトはもちろん「デモンエクスマキナ」独自の要素として肉体を機械化して様々な効果を得る「人体改造」や戦闘中のHUDも自分の好きなようにカスタマイズすることが出来ます。

オンライン要素について

最近のゲームで重要視すべきポイントの一つにオンライン要素が挙げられると思います。

現在の「デモンエクスマキナ」のオンライン要素はオンライン専用オーダーのみとなっていますが、10月10日のアップデートでプレイヤー同士での対戦要素が追加されることが決定しています。

またオンライン専用オーダーで新ボスも順次追加されると思います。

オンライン専用オーダーでのボス戦では「デットリーウェイブ」や「ヘルメス」などの強力な装備の設計図を手に入れられるのでこちらもドンドン追加していってほしいと思います。

まとめ

最初に書いたように「デモンエクスマキナ」は「誰でも自分だけの機体でスタイリッシュにロボアクションを楽しめる」万人向けのロボアクションゲームです。

発売からそれなりに時間は立っていますが、先ほど紹介したプレイヤー同士での対戦要素の追加の他にも他作品とのコラボなど、まだまだたくさんアップデート要素がありますので気になった方はぜひプレイしてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です