ガンダムバトルオペレーション2

【バトオペ2】爆速連射マシンガンが気持ちいい!ジム寒冷地仕様を紹介していく!

どうも、もめんです。

今回は2018年10月4日にバトオペ2に実装された機体、ジム寒冷地仕様を紹介していきたいと思います。

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場した機体で、作中ではハイゴックにボコボコされていたのが印象的でした。バトオペ2では本作きっての発射レートを誇る専用マシンガンが特徴的で、うまく運用すれば短時間でかなりの火力を出せる遊撃機になっています。

実際にジム寒冷地仕様を使ってみた感想

射撃補正が高いため主兵装の専用マシンガンと相性が良く、条件さえ整えば相手のダウン中に撃破したり脚部破壊を簡単に狙える火力を持っています。

またスラスタースピードが速く、「マニューバアーマー」を持っているので強襲機の様に急速に接近してダウンを取ることもできない事は無い機体です。

ただしHPが低く「緊急回避制御」も持っていないので、複数の敵に囲まれたらあっという間にやられてしまうので常に相手と味方の位置を考えながら立ち回る必要のある機体です。

ステータスは射撃寄りの配分になっていて、主兵装や副兵装で相手のHPを削るのが得意な機体になっています。

格闘補正がかなり低く1対1だと十分なダメージを与えられず、先に撃破される場面がかなりあったので常に味方と行動するか、スキルを駆使してヒットアンドウェイを意識した立ち回りを求められます。

ジム寒冷地仕様の武装は?

次にジム寒冷地仕様の武装について紹介していきたいと思います。

まず主兵装は寒冷地用マシンガン[GN]です。

他のマシンガンとは桁違いの発射レートを誇るマシンガンで、本機の射撃補正の高さも相まって短い間にかなりの火力を出せるのが特徴です。

戦闘に全く関係ないメリットとしては撃っていて気持ちいいというのがありますが、弾数が少なくすぐに撃ち切ってしまうため継戦能力は低いので注意が必要です。

一応プルパップ・マシンガンも装備できますが、これを装備するなら別の機体に乗った方が良いと思うのであまりおススメしません。

格闘兵装は普通のビーム・サーベルを装備しています。

格闘補正が低めでスキル「格闘連撃制御」を持っていないので格闘攻撃ではなかなかダメージを与えられません。

そのため下格闘で相手をダウンさせて味方と追撃したり、敵の攻撃の妨害用として割り切った方が良いかもしれません。

副兵装はミリ削りや対人に有効な頭部バルカン砲[後期型]寒冷地用マシンガン付属グレネードを装備しています。

頭部バルカンは他の機体同様、ミリ削りに重宝する武装ですが本機の場合主兵装のマシンガンで事足りることが多いの使用率は低めになると思います。

寒冷地用マシンガン付属グレネードは本機の貴重な即よろけ兵装で、上手く使うことで安全に数的有利を作ったり、味方がよろけさせた敵を継続してよろけさせたりすることが出来ます。

ジム寒冷地仕様のスキルは?

ジム寒冷地仕様のスキルは以下の通りです。

  • 脚部ショックアブゾーバーLv2
  • 高性能レーダーLv1
  • 高性能バランサーLv1
  • マニューバアーマーv1
  • クイックブーストLv1

低コスト汎用機としてはまずまずのスキル構成をしています。

「緊急回避制御」を持っていないため「高性能レーダー」や「マニューバアーマー」と優れたスラスタースピードを活かして相手に囲まれる前に距離を取ったり、味方に合流したりと高い判断力が求められる機体だと思います。

まとめ

専用マシンガンはレートがかなり速く撃っていて気持ちが良く火力も高いのですが、相手の足を止められる武装がほとんどなく、囲まれればあっという間にやられてしまうほどもろいのでプレイヤーの腕が如実に出る機体になっています。

ただ何度も言いますが専用マシンガンは撃っていて本当に気持ちいいので、ガチャやリサチケ、DPで手に入れたら使って見てくださいね!

バトオペをもっと楽しみたい方へ…

フレンドと一緒に出撃したり… 自分だけのパーソナルカラーをペイントで作り上げたり… 独自のルールでカスマを開いたり… 原作再現をしたり… バトオペにはただ一人で遊ぶ以外にもたくさんの楽しみ方があります。

そしてこれらの楽しみ方は、原作を知っていると何倍にも倍増します!

U-NEXTなら31日間無料でガンダム作品が見放題なのでおススメです。

U-NEXT
31日間ガンダム作品が見放題!
最新の作品やコミックの購入に使えるポイントを600円分プレゼント!
70誌以上の雑誌も読み放題!

登録はこちら

あなたも無料で原作を観て、今よりもっとバトオペを楽しみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です